備忘録

つれづれなるままに

弧玖 ~ 筍づくし ~ 2018/4/13

昨年の春、グルメな趣味人のお友達から
「長岡で美味しい筍料理を食べたいけれどどこか良いお店を知りませんか?」
と聞かれたものの、筍料理を出されるお店はあるものの、
「ものすご~く美味しくて 良いお店」となると 実は無いのですよねぇ。
それなら、気心の知れたお店で 筍料理をリクエストされた方が良いと思いますよとお伝えし、
一年越しで実現された、美味しいお店で頂く筍料理。
私もご一緒させていただくことになりました。

お店は出町柳にある 弧玖 さん。
2018-4-13-弧玖-筍の会-1-店前
お店に入り、桜湯を頂きながら、
2018-4-13-弧玖-筍の会-2-桜湯
先ずはお酒選び(笑)。
メニューに書かれてる以外のお酒をカウンターに並べていただき
「何を飲もうか」 迷うのも これまた楽し。
2018-4-13-弧玖-筍の会-3-メニュー以外の日本酒
今年の桜はすでに散ってしまいましたが、やはり最初は春らしいラベルのお酒から。
岐阜 中嶋醸造の 「小左衛門純米吟醸SAKURAおりがらみ」
2018-4-13-弧玖-筍の会-4-岐阜中島醸造小左衛門純米吟醸SAKURAおりがらみ

そして、お料理スタート
最初の一献(宮城 山和酒造の純米大吟醸)とともに頂くお料理は
山芋の寒天寄せの下に赤貝と飯蛸。
「山芋を崩しながらお召し上がり下さい」との事ですが、
山芋の寒天寄せが着物の生地のように美しく、崩すのがもったいなく思ってしまいます。
2018-4-13-弧玖-筍の会-6-1品目-山芋寒天寄せの下に赤貝と飯蛸酢の物風寒天を崩しながら 2018-4-13-弧玖-筍の会-5-1品目-山芋寒天寄せの下に赤貝と飯蛸酢の物風寒天を崩しながら盃酒宮城山和純米大吟醸

2品目:筍のすり流し うす葛仕立て (中には卵豆腐とアブラメ)
筍はおろし金ですり下ろせないので包丁でたたいて作られ、部位は穂先から下まで、1本丸ごと。
まるでおろし金ですり下ろしたように細かく切られた(たたかれた)筍のすり流しに 驚くばかり。
この一品を作るために掛けられた手間を考えると 今日のお料理に期待が膨らみます。
2018-4-13-弧玖-筍の会-7-2品目-筍のすり流し卵豆腐アブラメ入り

3品目:お造り (鯛、鮪、腐乳と梅肉で和えた姫皮の大葉巻)
姫皮の梅肉和えは自分でつくって食べたりしますが、腐乳を加えるというのは面白いですね。
2018-4-13-弧玖-筍の会-8-3品目-お造り鯛鮪腐乳と梅肉で和えた姫皮の大葉巻きちり酢と山葵醤油

ここでお酒を追加
長野 黒澤酒造の 「黒澤 生酛 純米吟醸 無濾過生原酒」
最初のお酒が春らしい 可愛い(?) ラベルだったので、
今度は どっしり男前な(?) ラベルのお酒を。 (笑)
2018-4-13-弧玖-筍の会-9-長野黒澤酒造黒澤生酛純米吟醸無濾過生原酒

4品目:焼筍と揚げ筍の食べ比べ
焼筍(手前)はつけ焼きなのでそのままで、揚げ筍(奥)は塩で頂きます。
揚げ筍はホクホクしていて美味しく、うっすらと味付けされた焼き筍も美味しい。
「揚げ」と「焼き」、調理の違いで味や食感が変わるというのを頭ではわかっていましたし、
それぞれを別々に食べたことはありましたが、
こうやって、同じお店(調理人)で作られた 「揚げ」と「焼き」を、
同じお皿の上で食べ比べてみると、その違いがよくわかり自分の中にストンと落ちます。
2018-4-13-弧玖-筍の会-11-4品目-焼き筍と揚げ筍の食べ比べ揚げは塩で 2018-4-13-弧玖-筍の会-10-4品目-焼き筍と揚げ筍の食べ比べ揚げは塩で黒澤とともに

5品目:八寸 (弧玖さんの八寸の盛り付け、相変わらず素敵です)
花は山吹とドウダンツツジ、大根(だったかなぁ)でつくられた桜の花びらが、
桜の終焉から次の花への移り変わりを表しているようです。
2018-4-13-弧玖-筍の会-12-5品目-八寸花は山吹とドウダンツツジ
2018-4-13-弧玖-筍の会-13-5品目-八寸花は山吹とドウダンツツジ-2
お料理は
串物(1):揚げコンニャク、雲丹入り海老、キュウリ、百合根(チーズ入り)
串物(2):スナップエンドウ、ゴボウ、鶉卵、鴨団子
鱒の幽庵焼き、地鶏大根巻き、桜エビが入った新ジャガのマッシュポテト、
ミズナの胡麻和え、のどぐろの手毬寿司、ほうれん草の白和え 等々
2018-4-13-弧玖-筍の会-15-5品目-八寸取分け後2018-4-13-弧玖-筍の会-14-5品目-八寸

このあたりで辛口のお酒を
山形 亀の井酒造の 「超辛口吟醸 ばくれん」
2018-4-13-弧玖-筍の会-16-山形亀の井酒造超辛口吟醸ばくれん

6品目:花山椒と牛シャブ (牛肉は長野産)
今の時季ならではの花山椒。 口の中一杯に山椒の季節が広がります。
2018-4-13-弧玖-筍の会-17-6品目-花山椒と長野の牛の牛シャブ

7品目:胡麻豆腐、雲丹、海老、生海苔、筍
胡麻豆腐の上に雲丹、海老、生海苔をのせ、その上にゆでた筍。
シンプルな一品です。
2018-4-13-弧玖-筍の会-19-7品目-ごま豆腐の上に雲丹海老生のり筍 2018-4-13-弧玖-筍の会-18-7品目-ごま豆腐の上に雲丹海老生のり筍

8品目:筍、鮑、菜の花、穴子をアツアツの吉野葛餡仕立てで。
一番下にみぞれが敷かれており、時折混ぜながら頂きます。
アツアツの葛餡仕立ては冬のお料理のような気がしますが、美味しいのでOK。
2018-4-13-弧玖-筍の会-20-8品目-筍鮑菜の花穴子一番下にみぞれが入った吉野葛餡

10品目:筍御飯、アオサ入り味噌汁、香物
2018-4-13-弧玖-筍の会-21-9品目-筍御飯

11品目:2種類のオレンジを使ったゼリー
「清美オレンジ」を使ったゼリーの中に入ってる果肉が「せとか」。
グラスの縁に塩。
-4-13-弧玖-筍の会-22-10品目-果肉セトカ入りの清美オレンジゼリーグラスの縁に塩

12品目:クレームブリュレの上にメロンと苺
2018-4-13-弧玖-筍の会-23-11品目-クレームブリュレの上にメロンと苺

13品目:琉球ホウリ(沖縄パイナップル)のきんとん
弧玖さんでは他では味わえない きんとんが登場するので楽しみなんです。
パイナップルの甘酸っぱいきんとん、面白くて良いですね。
2018-4-13-弧玖-筍の会-24-12品目-琉球ホウリ沖縄パイナップルのきんとん

最後に抹茶を頂いてお終い
2018-4-13-弧玖-筍の会-25-抹茶でおしまい

美味しい筍料理を頂き、気持ちもお腹も幸せ一杯。
帰りに酔いざましを兼ねて御所を歩いてみると、八重桜が見頃でした。
2018-4-13-弧玖-筍の会-40-御所の八重桜-10

関連記事
  1. 2018/04/13(金) 15:00:00|
  2. ちょっと外食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラドゥースヴィ の 食パン ~ 2018/4/13 | ホーム | 久しぶりにポンポン山 ~ 2018/4/13>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chakulakitamu.blog.fc2.com/tb.php/1524-0a06aa64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

koketaro10

Author:koketaro10
このブログは今までに食べたタンドレスのケーキを覚えていられなくなったため書き始めました。
よって、内容はタンドレスのケーキの記録が中心です。
記録は2011年以降からで、それ以前については記録を取っていないため、ブログにアップしていません。
最近はタンドレス以外のことも書き始めましたが、
個人的な備忘録は見れません。ごめんなさいm(_ _)m。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
タンドレス (465)
dariK(ダリK) (8)
サイクリング (72)
遊び (16)
山歩き (130)
趣味人 (45)
趣味人-食 (74)
趣味人-山 (34)
チーズ:フロマージュ・ドゥ・ミテス (74)
リンデンバーム (9)
美味しいお買い物 (59)
美味しいお買物-パン (86)
美味しいお買物-ケーキ (31)
ちょっと外食 (128)
蕎麦 (8)
引き継がれるもの (4)
メモ (6)
息子 (11)
仕事 (3)
家の近く (14)
お出かけ (51)
家族 (57)
メツゲライ・クスダ (21)
ラヴィルリエ (10)
まいまい京都 (7)
ふるさと納税 (52)
浅野日本酒店KYOTO (19)
神ぐら (32)
幾星 (15)

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター